忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    居酒屋チェーンの「甘太郎」。

    amata.jpgボクが生まれて初めて、居酒屋というモノを街角で見たのがたしか、この甘太郎。
    神奈川県の逗子のなぎさ商店街。
    高校生のボクがその商店街を歩く時間には決してお店の扉があくことはなく、一体、この店、どんな店なんだろう…、って。
    不思議に思って母にどんなお店なんだろう?って聞いてみた。
    答えは簡単。
    仕事をすませたおじさんたちが、お酒を飲んで憂さを晴らす場所。
    なるほど、ボクには縁のないところなんだ…、ってそのとき思った。
    まだまだ「居酒屋」なんて名前がそれほど浸透してなかった時代のコト。
    ましてやその後、20年もすればその居酒屋なるところに子供を連れたファミリーがやってきて、食事をたのしむ時代がくるとは、まるで思いもせぬ頃のこと。

    その甘太郎が一部店舗を焼肉居酒屋に転換してる、というので来ます。
    歌舞伎町。

    25846698.jpeg確かに何かを食べながらお酒をたのしむ。
    その「何か」のひとつが焼肉である…、って理にかなってる。
    ココは居酒屋だから…、ってその割り切りがあれば「肉がおいしくなくちゃ」ってそんなこだわりがなくなって、一気にハードルが下がろうというもの。
    肉の種類はそれほどはない。
    牛肉よりも、豚肉、鶏肉の種類が多くしかもそれが不思議とおいしい。
    理由は「タレが旨い」から。
    一人前が200円台の肉が決してまずくないのに、ビックリします。
    ただ、それでお腹いっぱいにしようとは思わないけど、まあ、これも酒飲み業態の進化形のひとつと思えば、これもよし。

    ついでにもう一軒、前から行ってみたかったところにはしご。

    串家物語というお店。
    セルフで串揚げを揚げ放題…、というコンセプト。

    15fabdd1.jpegお店の中に寿司屋のネタケースみたいのがあって、そこにいろんな具材を串に刺したのが陳列されてる。
    そこから好きなものを選んで自分で、パン粉をつけて自分で揚げる。
    牛肉、豚肉、サーモン、エビと串カツらしい素材に混じって、餃子や竹輪、ハッシュポテトやたこ焼きなんかまで串に刺さって並んでいるのが、なんともたのしい。

    テーブルの上には細かくおろしたパン粉と、それを素材に貼り付けるための付け粉が用意されていて、でもそれ以外の例えばソースはバフェカウンターから取ってくる。
    甘いソースや辛いソース。
    ポン酢やケチャップ、チーズソースといろんなソースが揃っててあれこれそろえてやろうと何度も、テーブルとバフェの間を行ったり来たり。
    準備整え、さあ、揚げましょう…、とやっとなる。

    四角い箱が二つ並んだフライヤー。

    9b9d0ad8.jpegちょっと浅めで、だから串をそっと沈めてやると程よい場所で串が止まって、しばらくそこに留まっている。
    こうした部分が多分、ノウハウなのでありましょう。

    テーブル囲むみんながそれぞれ、好きなものにパン粉を付けてトプントプンと油に投入していくと、どれが自分の何なのか。
    わからなくなり、おやおや、どうする?っていう風になる。
    引き上げ、ヒックリ返してみたりパン粉の中を透かしてみたりするのだけれど、どれがどれだかわからず結局、食べてみようよ…、と。
    まるでちょっとした闇鍋状態のようになるのも、またたのし。
    注意して、耳を澄まして目を凝らし、串が揺れる様子をみたり、カラコロ具材が揚がっていく音を聞いてれば食べごろだってわかるのだろうけど、そんなコトより次、揚げる串にパン粉を付けて準備するのに忙しく、まあ、せわしなく、次から次へと揚げては食べる。
    勢いがよい。

    それにしても結構、上手く揚がるもの。

    a6fed418.jpegパン粉を具材に固定させる粉を溶いて作った糊状のモノの出来がいいのでありましょう。
    どんな素材にもピタっとパン粉が貼り付いて、それがしっかり立った状態できつね色になる。
    家ではなかなかこうはいかない。
    しかもピチパチ、油がはぜてみるみるうちにテーブルが油とパン粉で汚れてく。
    ああ、これ、絶対、自分のうちではしたくないよなぁ…、って思ったりする。
    家で出来ない。
    家でしたくない。
    家で作るのが難しい。
    これらが全部、飲食店を流行らせる要素であったりするわけで、そう考えるとこの店、結構、理にかなってて感心をする。

    この揚がってるのが実は「ニラチヂミ」でありまして、これとかたこ焼き。
    粉物にパン粉を付けて揚げると中がトロトロになり、旨いもんだ…、って新発見。

    次々、串を揚げているうち、結局、自分が食べたい物だけお代わりするようになってくる。

    c661fe23.jpegボクの場合はそれがエビ。
    天ぷらにするにはちょっと小さく、かき揚げ用にはちと大きい。
    そんな微妙なサイズの小さなエビだから、安く仕入れることが出来るのでありましょう。
    それが揚がるとプリっと甘くおいしく、プチュンと弾力のある食感たのしく、何尾食べても飽きることがないご馳走。

    昔、数寄屋橋の天一にきたテニス選手のジミーコナーズが、エビの天ぷらばかりを100本、食べたことがあるんですよ…、って。
    お行儀しらずのコナーズらしいエピソードとして、紹介されてたことがあるけど、でもただひとつの美味しいものを心置きなく食べて誰にもしかられぬ。
    これこそ、ステキな大人食い。

    34a74d57.jpegいくら食べても太る心配をすることがないのであろう、若い人たちのグループや、ファミリー客や外人カップル。
    雑多な人が集まるお店。
    ご飯のおかずに串カツ揚げる人もいる。
    ただただビールのつまみに串にかぶりつく人。
    中にはデザート用のケーキをお皿に山積みし、串カツとかわるがわるケーキを食べる女性客までいたりする。
    作り手の予想を見事に覆す、自由な食べ方万歳な店。
    ボクはおじさん、コンサバ的にご飯に胡麻やお茶漬け用の昆布を混ぜて、みそ汁と共に〆ご飯。
    ひさしぶりにキュウリのQちゃん食べたら、あらら、美味しくってビックリしちゃった。
    おもしろい。

    デザートにコレ。

    e00808b8.jpegバゲットパンに串を刺したのが用意されてて、それを油でかりっと揚げる。
    きつね色にこんがり色づき、パンの中から水分が出る。
    それでサクサク。
    熱々ラスクのようなモノが出来上がり、それをソフトクリームをどっぷりつけてパクッと食べる。
    油まみれが、またおいしい。

    お店の窓から見える、夜の新宿。
    歌舞伎町の入り口に2度ほど救急車が横付けになる。
    どこかで誰かが酔いつぶれ、夢の世界にさまよってこちらに戻ってこれぬような、コトになっているのでしょうか…。
    そんな飲み方、最近、せずにすんでる幸せ。
    明日は東京都議会選。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    年のせいか,
    最近油の強いものはそれ程食べられなくなってきたような気がします.

    とはいえ串揚げ羨ましい.
    こちらの人には,居酒屋もそうですが宗教や菜食主義といった自分で食材を選べるという事で人気と聞いております.

    佐藤はうずらの卵に生麩が大好きなネタですね.
    佐藤Rさん / 2009/07/12(Sun) /
    うだま
    > 佐藤Rさん
    トンカツであったり、串揚げであったり。
    細かなパン粉でさくっと揚げるというこの調理方法は日本ならでは。
    昨日は年甲斐もなくはしゃいでしまいました。

    うずらの玉子。
    昨日のネタにはありませんでした。
    たしかにあの、さくっとしてプチュンは独特。
    残念!
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/12(Sun) /
    串家
    串家にハマッてた時期がありました。海老(美味しいですよね)、キノコ類、ササミ肉などをリピートしながら数十本。カレーやらデザートやら食べて満足満足って家路に着く途中から、うわっ身体中が油臭いんですけどって・・・。翌日も色んな意味で油臭くて、ちと食べ過ぎを反省したりして。笑
    サカキさんは大丈夫でしたか~?

    オレンジさん / 2009/07/12(Sun) /
    油っぽい朝
    > オレンジさん
    今朝、目が覚めたとき、まるで自分が串揚げになっちゃったんじゃないかしら、って思う程に油の匂いが体中からしてました。
    たまにはこんな不摂生もいいだろう…、と。
    でも、たまにじゃないよなぁ…、と冷静に反省したりしております。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/12(Sun) /
    食事のバランス
    私も、一時期、かな~り偏食していた頃がありました。甘いモノだけで食事代わりにしたり、冷食や出来合いをそのまま日々の食事にしていた時も…そしたら一気に体調崩しまくりで大変でした(汗)やっぱり、ちゃんとしたものを食べないとなぁと思いました。あまり凝ったモノは作れませんが。
    りりこりあさん / 2009/07/12(Sun) / URL
    体のSOS
    > りりこりあさん
    体は知らず知らずにSOSを発していたりしますよね。
    今朝の不思議な膨満感と、どうにもこうにも酸っぱい物が食べたくてしょうがない気持ちって、多分、それだったのだろう…、と思います。
    これからますます暑さがつのる本格的な夏になります。
    お体、ご自愛召されてください。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/12(Sun) /
    甘太郎
    大学時代、戸塚でよくお世話になっていました。僕の中では未だに居酒屋=甘太郎だったりします。
    金沢にも美味しい居酒屋さんは多いけど、気軽さも兼ね備えたお店ってそう多く出会っていません。まだまだ発掘せねばですね!
    あっくんさん / 2009/07/13(Mon) /
    神奈川県で元気だった…。
    > あっくんさん
    戸塚、逗子、藤沢、保土ヶ谷と横須賀線や東海道沿線の神奈川県の小都市で、とても元気があったチェーン店のように記憶します。
    クオリティをあげることも大切ですけど、気軽にしてもらうためのさまざまを一生懸命考えることも重要だ、って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/13(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    間もなく夏の朝のコト HOME パスタとピザと、ジェラートの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]