忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、天狗に来ます。

    tengu.jpgココしばらくの間、この会社がはじめた廉価版のテング酒場ばかりを使って、本家本元の天狗はとてもひさしぶり。
    実は昨日。
    新橋の餃子のお店で会食したあと「いわゆる今時の居酒屋料理」の勉強をちょっとしたくなり、個室系のチェーン居酒屋で食事をしました。
    テーブルの上にタッチパネルのオーダー端末が置いてある。
    プライバシーを尊重しますという名目の、手抜き万歳!みたいなひどい扱いで、まずはビックリ。
    それにも増して料理のまるでココロもなにもこもっていない、そのおざなりにかなり下がって、やっぱり天狗って偉大よね…、って、逆にみんなで盛り上がった。
    まるで「戒めみたいな時間だよね」ってボクらは思う。
    けれど周りの若い人たちはみんな料理やサービスのことはほったらかしで、夢中でおしゃべり。
    ここは食事をするところじゃないんだね…、って、そんなことも思ったりした。
    それで今日。
    酒と食事をたのしむ、つまり「昔ながらの居酒屋」がかろうじて残っている場所、天狗を選んだという次第。

    魚にします。
    今の季節はブリが旬。

    6a7a837b.jpegまずは刺身をたのみます。
    脂がのってキトキトの、見るからにおいしそうな分厚い切り身。
    わさびをタップリ乗っけて醤油をササっと拭う。
    醤油皿を満たした醤油に脂がススっを広がっていくのが目に麗しい。
    脂の甘味。
    季節の魚の濃厚な味、最後に残る酸味を帯びたやさしい風味。
    冬はすぐそこ、ってそう思う。

    何よりココには笑顔があって、すいません、って手を上げたなら、はい!ってすぐに飛んで来てくれる元気なスタッフがいるということ。
    それが今日の一番うれしく、たのしいところ。

    f4a53c27.jpegブリ大根。
    骨を抱えた頑丈な身と、ハラスにヒレ。
    どこも切り身で食べるブリとは違った逞しさ。
    出汁でにこんでなおもブリの風味は壊れず、煮汁にキラキラ、おいしい脂が浮かんでる。
    ブリって魚。
    煮込むと魚ばなれした濃厚で、ドッシリとした味、食感を発揮する。
    そのおいしさを存分に、飲み込みおいしくなった大根。
    飴色。
    ツヤツヤ、テカテカ。
    噛むとクチュっと中からブリの旨味がジュワッと滲み出してくる。
    これまた冬はすぐそこにまで来てるんだよ…、ってそう声高に宣言するよな今の季節のオゴチソウ。
    しばらく肉にまみれた口が、ほっと一息。
    いい気分。

    214bee74.jpeg居酒屋も出汁がおいしいと、うれしくなります。
    例えば季節の商品に、豚と葱の鍋っていうのがあった。
    小さな鍋に、出汁をはりそこに薄切り豚肉を置く。
    クツクツ煮込んで、提供する直前にネギをタップリ乗っけただけ。
    厨房の中から客席にくるまでの間にほどよく熱がネギに通って、シャキシャキシャクシャク。
    その食感はそのままに、生っぽさだけを無くしてく。
    肉でネギを包んで食べる。
    出汁の味。
    醤油の風味、それにビリリと山椒の痺れと香りが加わり、手をかけてるわけじゃないのに、とてもおいしい。
    気がきいている、ステキな料理。
    おもしろい。

    それから唐揚げ。

    a9071395.jpeg今までの唐揚げとは違ったニュータイプ、ってメニューに書いてた。
    どんな具合にニューなのか?って、たのんでみたら、なんと胸肉一枚を、そのまま粉つけカラっと揚げる。
    それをザクっと切り分けて、甘酢のタレをかけたもの。
    ユーリンチーのなぞりの料理。
    塊で揚げている分、中はフックラ。
    とてもジューシーで肉汁タップリ。
    けれど表面はカリカリサクサク。
    揚げるのにちょっとしたコツと時間が必要だろうけど、鶏の味わいをより濃厚にたのしめるのが、こりゃいいなぁ…、って思ったりした。
    タレをもうちょっと工夫すれば、もっとおいしくなるのに…っても。
    まぁ、それは好みというコトで。

    b1923043.jpegシーザーサラダを〆替わり。
    レタスの上にタップリ生ハム。
    生ハムでレタスを包むようにして食べると旨い。
    生ハムだけをつまんで食べて、レタスでシャクっと脂を拭ってリセットするのもまたおいしい。
    それにしても生ハムの脂のなんともおいしいこと。
    熟成のきいた肉のタンパク質の噛めば噛むほど口の中で旨味を吐き出す、まるで昆布やするめや鰹節。
    そんな味わい…、とても好き。

    ところで今日のこの店は、週末というのにちょっと暇。
    サラリーマンのおじさんたちも、みんなお小遣いの使い控えをしてるんでしょう。
    いつもならば超満席で、二人で行けばカウンターか相席になる。
    それが今日は6人テーブルを二人で独占。
    日本の景気はどうなっちゃうの?…、そんな心配ちょっとした。

    歩いてテクテク、四ツ谷の街から一駅歩いて、弁天庵で〆の〆。

    bentenan.jpg途中、サルバトーレはほぼ満席で、でもテーブルの上にはせいぜいピザが一枚。
    せいぜいグラスのワインか生ビール。
    何軒もある寿司屋はガラガラ。
    ホルモン屋さんは若い女性で満タンで、Coco壱番のカレーも一杯。
    流行るお店と暇なお店の差は歴然で、一体、今の日本てどんなところなんだろう…、ってかなり悩んじゃう。
    わかんない。

    弁天庵はほどよき具合。
    お店に入ってまずは注文、そしてお金を払って出来たらとりにいく。
    …、っていうココ独特の作法もすっかり定着しちゃった。
    お酒を飲む人。
    ただただ蕎麦をたぐる人。
    いろんな人に等しく優しい博愛主義がいいのでしょうね。
    ボクは蕎麦。

    bentenumeorosi.jpg梅おろしそばをぶっかけにした。
    ボクらの隣は、焼き味噌つまみに日本酒を飲む粋なおじさん。
    反対側のテーブルでは、スモークした鴨に板わさで焼酎のお湯割り、たのしんでいる。
    みんなニコニコしあわせそうで、その雰囲気がまずご馳走。

    一緒に行った相棒は、鍋焼きうどん。
    それにつく白いご飯をちょっとかり、梅干し齧って、白いご飯をバクっと食べる。
    梅干しご飯。
    なんて素朴でシンプルで、なのにこんなにおいしく感じる。
    口を酸味でみずみずしくして、それで蕎麦をズルズルたぐる。
    お酒でポカポカしたお腹。
    スッキリ、サッパリ、落ち着いた。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    閑話休題 HOME 肉の万世
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]