忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山の昨日の訪問先。
    カエンという韓国料理の専門店で、そこに一日…、オープン前からお店のクローズまでの様子をずっと観察…、どのようにしたらお客様にも働く人にもやさしいお店になるかどうかをチェックする。
    81dc6bd1.jpeg郊外型の専門店。
    首都圏を含めて成立するのは、フランス、イタリア、中国料理。
    一部地域でインド料理ぐらいじゃないかっていわれてる。
    郊外立地はファミリー立地。
    だからみんなが知ってて、食べ慣れた料理じゃないと、お客様を集めるコトはむつかしい…、って。
    焼肉じゃない韓国料理。
    韓流ブームと言うコトもあり、街中なんかでは地方都市でも繁盛店が出来るようになってきた。
    けれどさすがに郊外立地ではむつかしい。
    いろんな人がいろんな街で試したけれど、あまり成功したって話は聞かない。

    a0652ef7.jpegけれどこの店。
    開店直後と言うこともあるかもしれないけれども見事。
    連日夜は満席以上。
    最初は毎日ランチをしようと、準備をしてたのだけどもあまりに忙しく、夜の仕込みの準備ができない。
    それで今は土日限定ランチになった。
    今日、初めて昼の様子をみたのだけれど、ファミリー客と、女性がメインのグループ客が半分半分。
    ご婦人客はまるで新大久保のお昼間みたいな様子、風情で日本共通の今な感じでニッコリします。
    富山の街中で実績作って、それで韓国料理のファンができていた…、っていう特殊事情があったからかもしれないけれど、それにしても予想を上回る反響を、今こそ真摯に受け止めなくちゃ…、と思ってそれで、朝から晩をお店で過ごす。

    サムギョプサルやプデチゲつついて、ユックリ食事をたのしむ人もいるけれど、さすが郊外。
    ビビンパだとか冷麺食べて、ササッとすませる人もいる。
    そうした人の「早く食べたい」気持ちに対応するため、厨房の中のシステムや、客席ホールのサービス法を整えなくちゃいけないネ、と、いくつか課題を作ってこれから、ブラッシュアップを試みる。
    当然、お店を作る前に十分な検討をして店やメニューを作る。
    けれどそれが完璧だって思い込んだら大変なコトになる。
    だってどんなお客様がどんな使い方をするかなんて、やってみないとわからないコトがかなりあってだからオープン直後の微調整がとても大切。
    まもなく夏の休みもはじまる。
    お客様に迷惑かけぬようにしなくちゃ、みんなであれこれアイディア出しつつ日が変わるまで盛り上がる。


    関連ランキング:韓国料理 | 小泉町駅西中野駅堀川小泉駅



    そしていつものホテルに泊まり、大きなお風呂で足を伸ばしてホッとする。
    他に使う人のない夜中の風呂で、大きな声で言ってみる…、「極楽ゴクラク」。
    ポタンと空から冷たい雫が頭にピトンと落ちてきて、笑っちゃうほど気持ちいい。

    tasa.jpgぐっすりと寝て、朝をいつものバイキング。
    何度も同じホテルのバフェを使っていると、どこに何があり、何をどう組み合わせると食べたい朝が出来るかわかる。
    部屋を出て、エレベーターにのり朝食堂に向かう間。
    もうその段階で、頭の中に朝のイメージがわいてくるのがまたたのしくて、ちょっとウキウキ。
    自分のために朝をたのしく誂える。
    そんな感じの朝とする。

    くるたび感心するのが、カニがタップリ入ったお汁。
    全部をせせって身まで食べるのが面倒くさく、汁に溶け込むうま味を味わい、多くのカニを無駄にする。
    なんたる贅沢…、ゴメンナサイ!

    羽釜で炊いたご飯におこげ。
    鯖の塩焼き、鮭の切り身を粕漬けにして焼いたもの。
    ご飯がすすむおかずがズラッと並ぶ中、昆布をつかった料理が多彩で充実してる。
    昆布でしめた蒲鉾や、昆布の根っことツナのヌタ。
    昆布のふりかけ、とろろ昆布とまさに富山は昆布王国…、ネットリとして濃厚なうま味にたじろぐ朝になる。
    これからびゅびゅっとひとっ飛び…、東京向かっていつもの仕事の月曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    すごく美味しそうな朝食ですね!うちのホテルもまねしたいです。
    児山 貴紀(グリーンズ)さん / 2011/07/12(Tue) /
    ホテルの朝食
    > 児山 貴紀(グリーンズ)さん
    ホテルの朝食で、やはりいいなぁ…、と思うのは、地域性が現れているときですよね。
    贅沢な素材よりも、手作り感。
    いたずらに種類を増やすよりもココロに伝わるあたたかさ。
    そんなモノがあるととてもウレシク感じます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/12(Tue) /
    そうですね
    品数より地域性、手作り感、季節感ですよね…しかしこれを各地のホテルで実現していくのは至難だから、皆品数に走り同質化しちゃうんですよね…でも知恵を絞り取り組んでみます!
    児山 貴紀さん / 2011/07/13(Wed) /
    例えば
    > 児山 貴紀さん
    例えばソースや醤油。
    味噌汁の味噌。
    調味料だけでもご当地モノだったりしたら、ちょっとウルッと来てしまいます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/13(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    次世代的なるKFC? HOME 旅の空
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]