忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    岐阜からズズッと南におりて、三重県を代表するローカルチェーンの「ダイム」っていう会社を訪問。
    今、一緒にお店を増やしていこうかと試行錯誤している、とんかつ専門店の現状をみるのが目的の旅。



    旨かつ本舗「かつQ」という店でオープンしてから二ヶ月ほど。
    予想以上に売上好調…、ワンコインで食べられるカツ丼に、専門店の品質を落とさず肉の仕入れを工夫することで、おいしい定食が1000円以下でたのしめるという狙いがあたったような感じでホっとしました。
    なにより手間をかけることを惜しまず、けれどキチンと仕組みを作って誰でもおいしくカツを揚げるコトができるようにした。
    仕組みの分だけ良いサービスと、いつも笑顔で働けるよう…、これからの飲食店は働く人がいつも元気でいられる工夫が必要なんだと思うから。



    それにしてもこのカツ丼のおいしいコト。
    タレがちょっと濃い目で甘口…、玉子にシッカリ吸い込ませ硬めのご飯にドッサリのせる。
    ツユがザブザブしておらず、出汁を閉じ込めた玉子からツユが滲んでご飯を汚す。
    ご飯のところどころは白いままで残って、タレかけご飯と白いご飯の両方一緒に味わえる。
    食べる部分で味の雰囲気、風味に香り、それからご飯の食感までもが違っているのがオモシロく、丼の中にいろんな料理が閉じ込められてるような気がする。
    惚れております、オキニイリ。
    まもなくココで修行した人のお店が関東に上陸予定でございます。


    関連ランキング:とんかつ | 松阪駅東松阪駅



    それから更に南下して、伊勢の「あじへい」。
    ダイムさんが主力コンセプトにしている中華料理の気軽なお店…、家族でたのしく気軽に中国料理をたのしめるよう、値段もお店もサービスも気取りがなくて気さくな感じに出来上がってる。



    好きなお店でありまして、来る度、お店に入った瞬間、ホっとする。
    お店の片側に大きな厨房…、ラーメンを茹でる釜から湯気が沸き、餃子が焼ける香りがただよい、始終、大きな中華鍋が振られてクワンクワンと中華レンジに触れてこすれる音がする。
    おいしいお店はおいしい気配にあふれているモノ。
    まずは餃子をたのんで食べる…、薄皮、しかもプルプルしていてしっとりとした野菜がメインのあんが中からこぼれ出す。
    鍋肌あたってこんがり焼けたところはサクッと、一口ゴトにおいしい油の味と香りが口いっぱいに広がっていき、お腹が不思議とすいてくる。



    リッチセットというココの名物セットをたのむ。
    ラーメン、チャーハン、それから鶏の唐揚げがついてひと揃え…、これで1000円しないというのがありがたい。
    肉の中までしっかり味が入った鶏肉…、粉をはたいてサクッと揚げる。
    鶏の表面に白い粉が花咲くようにはりついて、パリッと仕上がる姿をみながらヨダレをゴクリと飲んで食べる準備をします。
    カプリと齧ると肉汁ジュワリ…、これでビールを飲むのも本当はいいんだろうなぁと思いつつ、ラーメンスープをゴクリと飲んだ。



    醤油の風味がやさしいラーメン…、細くてシッカリした麺とホロッと口でほぐれる叉焼、ネギにめんまとなぜだか不思議となつかしい。
    お店、お店で、地域、地域でラーメンというのは特徴があり、どれひとつとして同じラーメンは無いはずだから、ココのラーメンがなつかしいと思う気持ちはおそらく幻…、けれど不思議と懐かしく、日本人のココロの中にあるラーメンってこんな味かもしれないなぁって思ったりする。
    具材を細かく刻み込みパラリと仕上げたチャーハンも、ボリュームタップリ、味わい深い。
    大衆的で愛すべき中国料理のお店というのは、ラーメン、チャーハン、餃子に唐揚げ、酢豚、エビチリがおいしければそれでいいんだとボクは思う。
    それらがこうしておいしくて、しかもウレシイ値段という店。
    最近、どんどん少なくなってる…、だからウレシイ、オキニイリ。


    関連ランキング:ラーメン | 明野駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    三重のおみやげ
    三重のおみやげ=赤福かと思いますが、四日市のなが餅も美味しいですよ。近鉄線の売店にもおいてあったと思います。

    首都圏内の大学を卒業して、社会人デビューをしたのは三重県津市でした。
    職場の先輩には本当に可愛がっていただきましたが、ただただ都会の空気が恋しくて地元の食べ物にあまり目を向けることのないまま東京に転勤してしまいました。なんてもったいないことをしたんでしょうか・・・

    今年は式年遷宮ですから、秋に一時帰国するときには足を伸ばしてみたいと思います。

    CLBさん / 2013/08/10(Sat) /
    赤福さん
    > CLBさん
    実は、赤福さんがおかげ横丁を作られるにあたって、お手伝いなどをさせいただいていたコトがありました。
    なので、三重県=赤福って図式が頭の中にすりこまれておりまして(笑)。
    今回は伊勢の滞在時間が短く、赤福氷を食べることができなかったのが心残りです。
    サカキシンイチロウさん / 2013/08/10(Sat) /
    あじへい!
    さかきさん、はじめまして。
    いつもブログ楽しく拝見してます。
    実は私の主人の実家が伊勢でサカキさんと同じ時期に伊勢に帰っておりました。
    あじへいはいつも行くので、今回は行かなかったのですが、サカキさんがいらしていたなんて!!しかも明野店。
    実家の最寄りです。
    行けば良かったです。
    暑いのでお体に気をつけてくださいね。
    ねここさん / 2013/08/12(Mon) /
    そうなんですね!
    > ねここさん
    なんと、互いに同じお店を思い出にしているなんて、すてきな偶然ですね。
    お目にかかれてたら、どんなにたのしかったことでしょう。
    またチャンスがありますように。
    たのしい書き込み、ありがとうございました。
    サカキシンイチロウさん / 2013/08/12(Mon) /
    伊勢から名古屋、帰り道 HOME 昼また喫茶店にてランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]