忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日はラーメンプロデュースの仕事で北関東のラーメン店を何軒か、視察しながら移動をします。
    f3da9849.jpegまず一軒目は、醤々亭っていう栃木県の小山近くにあるお店。
    コクのある醤油ダレを使ったラーメンが売り物で、その商品そのものも勉強になるのだけれど、なんと今日…、女性だけで営業してる。
    料理の仕込みから調理、当然サービスまで女性だけで切り盛りしていて、みんな若くて元気でキレイ。
    本当にココはラーメン屋?って思うほどに明るくゴキゲン。
    「女性だけでやっている」ってコトを売り物にしているお店は好きじゃないけど、「女性だけでも営業できるくらい仕事がやさしくたのしい」店は大好き。

    c1f5ffbb.jpeg汗だくになってクタクタになるまで働かなくてもいいお店。
    入り口で声が枯れるまで客引きなんかをしなくてもいいお店。
    快適に汗をかいて家に帰ってお風呂に入ってビールを飲めば、ぐっすり眠れて翌日お店に行くのがたのしみでしょうがなくなる…、そんな仕事で動く店。
    そうした飲食店を作るコトが、ボクの仕事と思ってる。
    だから、こういうお店に来るとどうにもこうにもウレシクなっちゃう。
    店もキレイで商品もシッカリしてて、満足できる。

    飲食店はお客様のためにあると同時に、実はそこで働く人のためにある。
    そこで働きお金を稼ぎ、人生を紡ぎだすための場所でもあって、そこがたのしくシアワセなモノであることがなにより大切。
    お客様に叱られないかとビクビクしながら働くようなことのないよう、気配りするのが経営者の仕事なんだとも思ってる。
    飲食店のプロデュースとは、そういう環境作りなんだよ…、と今日はしたたか再確認。

    試食を軽くこなしてそれから二軒目の店。

    4135450e.jpeg茨木県の古河にある「壱番亭」っていう店に来る。
    年齢、性別問わずいろんな人がおいしいと感じるラーメンを作って提供している店で、北関東を中心にチェーン展開しているところ。
    この店も女性が即戦力で、大きな声で元気に「いらっしゃいませ」っていう掛け声も女性の声で聞くと爽やか、汗臭くなく気持ちいい(笑)。

    早速試食でラーメンいくつか。
    この店のメインは辛味噌ラーメンで、コッテリ味の味噌ラーメンに辛味噌であえた白髪ネギを乗せる分だけ辛くなるというたのしい料理。
    北関東は味噌ラーメンが全国的にみてもよくでる。
    ラーメンっていうのは地域性を反映させた料理でだから、地域に根ざしたお店の存在はとても大きい。

    ちゃんぽん風の野菜ラーメン、塩味スープで野菜のうま味がどっしりしてる。
    らーめん二郎風の茹で野菜がどっさり山盛り、背脂タップリ、しかも炙ったチャーシューがデロンとのった、コレ一品で一日分の野菜が十分摂取でき、それと同時に一日分の摂取カロリーをゆうゆうオーバーしそうなラーメン(笑)。
    いろんなラーメンがひとつの厨房の中からでてくる…、それがとってもたのしくて、仕組みをつくってスゴイコトって思ったりした。

    それからラーメン以外の料理もあれこれ。
    1051c0b6.jpegラーメンのサイドの料理といえば餃子で、この餃子…、ラーメンと一緒に食べておいしいように最適化されてるモノで、素直な味わい、それから甘み。
    焼き上がり方もパリッととても香ばしく、パクリと食べてラーメンスープをゴクリと飲むと口いっぱいに餃子の風味が広がっていく。
    それから唐揚げ。
    ふわふわ唐揚げというのがココの売り物で、本当にフワフワ、ふっくらとした軽い食感で前歯がなくても噛み切れそうな、子供がよろこぶオゴチソウ。
    これを乗っけた唐揚げ冷麺がこれからココの売り物になる…、さてもう一軒寄って勉強会のしめくくり。



    関連ランキング:ラーメン | 間々田駅

     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スタバのマンゴー、頂上麺 HOME 新和のそばに鯖むすび
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]