忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日、試食の仕事をしたうどんの「与作」。若い人にアピールできる商品がないんじゃないのと指摘したら、いやいや、オモシロイ料理が実はあるんです…、と。



    それでいくつか、今日も再び試食の仕事。
    たしかにメニューのすみずみを丁寧に見ると不思議な商品がいくつかあった。
    例えば「与作ラーメン」というこの料理。上には薄切りにした煮豚にたけのこ、かまぼこ、ネギと中華と和食が混在していて、香りはうどんの出汁のような雰囲気。
    ところが麺がラーメンで、つまりうどんの出汁で味わうラーメン。
    姫路にまねきという店があり、そこもこういうそばを出す。



    ツルンとなめらかな自家製麺がチュルチュル、唇分け入りやってくる食感に出汁のやさしい風味が混じって、こりゃ、旨い。
    これとは逆に、とんこつスープでうどんをたのしむ料理もあって、ムチムチとしたうどんにスープが見事にからみ、ちゃんぽん麺を肉感的にさせてみたいなおいしさがある。
    こういう料理をキワモノでなく、定番料理として育てるように売るってどういうことなんだろう…、と頭を寄せてみんなで話す。



    鶏天をドッシリのっけたぶっかけうどん。
    薄くバリッと揚がったとんかつを上にのっけたカレーうどんと、どれも衣が出汁を吸い込み、ふっくらとした不思議な食感がたのしめる。
    どれも隠れたファンがいて、どれもが若い男性にアピールできる魅力があって、それがみんなに伝わらない。
    飲食店って、料理を作る産業じゃなく、料理を伝える産業なのねと思って腕組。良い提案をする予定。


    関連ランキング:うどん | 板野駅



    そしてそろそろ東京に向かって飛行機移動。徳島阿波おどり空港からの出発です。



    この飛行場の名前が決まったときに、変な名前!って思ったけれど、正式名称は徳島飛行場。例えば小松も小松空港じゃなくて飛行場。自衛隊と共用しているところはどこも飛行場と呼ばれるみたい…、ちと、勉強。
    だから徳島阿波おどり空港というのはあくまで相性。
    ニックネームが付くようになってから日本の飛行場の名前は笑っちゃうような名前が続出。
    宮崎ブーゲンビリア空港だったり、おいしい山形空港だったり。徳之島子宝空港なんって、いろんな狙いを感じて笑う。

    出雲縁結び空港だったり、米子鬼太郎空港だったりとへんてこ空港ネーム多発地帯の山陰地方に、ニューフェイスが先日登場。



    県営鳥取空港の愛称が「鳥取砂丘コナン空港」に決定されたというのであります。
    鳥取砂丘空港では何か足りないように思ったのでありましょう。
    作者が県出身者というコトで、コナンくんを連れだしてきた。海外でも知名度が高いからというのが理由らしいけど、海外でコナンと言えば、コナン・ザ・グレートの方でござろう(笑)。
    コナンくんが現れるところ、必ず事件が起こる。くれぐれも何か問題が起こらぬようにと、祈るばかりのオモシロサ。

    阿波踊りで動画検索をかけてみたら、「阿波おどりロボットすだちくん」っていう動画があった。自動車の部品メーカーが作ったモノらしいのだけど、その出来栄えにちょっとハマってしまいましたです。貼ってみます。



    今年の阿波踊り期間中にお披露目されたときのモノ。
    最初はかなりドタバタで、イラチな方は2分過ぎくらいからみてくださいませ。中に人間が入っているんじゃないかと思うほど、堂に入った踊りっぷり。
    途中、故障で止まったのかと思っていたら、最後に人間の踊り手と共演をする。その自然な様子にまたまたビックリ。
    日本の技術の確かなコトに、ニッコリします。オキニイリ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    日本橋のよもだそばでも「ラそば」やっていたような・・・食べたことは無いですが、さっぱりしている!?イメージですね(^^)
    すうさんさん / 2014/11/15(Sat) /
    よもだそばさん
    > すうさんさん
    正統派なのにアバンギャルドなお蕎麦屋さんですよね。
    たしかにやってらっしゃったと思います。
    蕎麦出汁なのに、ラーメンよりに引きずられるのですよね。不思議です。
    サカキシンイチロウさん / 2014/11/15(Sat) /
    Parrot HOME コーヒーびざんで朝の今朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]