忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    電車で徳島。山の緑は緑のままで、紅葉はまだまだこれから。昨日まではあったかかったんですよと言われ、それが信じられない程に今日は寒くてブルッと震える。



    それから仕事。
    徳島市の郊外にあるうどん屋さん…、弥七という店にくる。
    自家製麺。出汁も手作りとまじめにずっとやってる店で、けれど最近、お店にやってくるお客様のほとんどがシニアの人たち。
    若い人がなかなかやってきてくれないって小さな悩み。
    うどんメニューは沢山あるけど、きつねや肉、あるいは天ぷらと昔ながらのうどんメニューがあるばかり。



    例えば鶏の唐揚げなんてのっけてみるのもいいんじゃない…、と、試しに作って食べてみる。
    粉をはたいて揚げた唐揚げ。
    油の香りと脂の旨みが出汁に不思議なコクを出す。
    出汁が揚げ粉のに染みこんで、トロンと表面が軽く粘って唇撫でる。肉にもほどよく出汁が混じって、天ぷらうどんと違った味わい。なにより唐揚げラバーには新たな食べ方。オモシロイ。

    それから移動。お店と同じ敷地の中にあるお好み焼きのお店で試食。



    ヴァンサンカンという名前。
    サブタイトルが「ファミリーお好み」。家族で気軽にお好み焼きをたのしんでというコンセプトにて、ブース席が並ぶお店はたしかにどこか、ファミリーレストラン的気軽さがある。
    テーブルひとつひとつに鉄板がついている。だから自分で焼きたくはある。けれど例えば宴会だとか会食だとかのときにはお店の人が焼いてくれたりもする。
    今日は仕事の話をしながら。だから焼いてもらって食べる。



    まずは豚玉お好み焼き。
    キャベツたっぷり。ふっくらとした山芋多めの生地がフワリと軽くてやさしい。箸で食べようとするとほろりと崩れるほどで、コテを使ってハフハフ食べる。

    それから焼きそば。イカとエビを具材に選んで焼いてもらうと、厨房の中からブーンと鈍い音が響いてきます。
    見れば麺の脱水機がある。細めの麺を茹でたらそこでお湯を切り、厚くて熱い鉄板の上にジャジャっと置いたら、具材と一緒に空気を含ませるようにしながら炒めて仕上げる。



    細めで縮れのまったくない自家製麺のストレート麺。
    ハリがあって歯ごたえコツコツ軽快で、とても独特な食感の麺。ソースとからんで驚くほどにおいしくビックリ。
    もやしにキャベツもタップリで、シャキシャキ、シャクシャク、食感にぎやか。食べ始めると止まらぬ味に、仕事の元気も湧いてくる。


    関連ランキング:お好み焼き | 板野駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    コーヒーびざんで朝の今朝 HOME 実家の朝にそして昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]