忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿の丸井本店。
    先日、開業したばかりにて、ファッションの丸井がはじめて真剣に食の提案をいたしました…、という業界的にはプチ注目の場所。
    とはいえ、テナント構成をよく見てみれば、ベーカリーにジェラテリア。
    スタバ2店舗、カフェにそれからこのお店。

    ザ・プレミアム・バフェ

    premium.jpgつまり食のテナントは「カフェ・バフェ・スイーツ」。
    確かに今の都会の街中で、当たり外れなく女性を中心としたお客様を集めることができる食の場、といえばこの3つ。
    さすがにキチンと企画してるなぁ…、ってちと感心。

    今までのバフェといえば、食べ放題系の味も素っ気もないインテリアか、自然派系の和カフェっぽい店作りのどっちかだった。
    けれどここ。
    天井からはクリスタルのシャンデリアがぶらさがり、BGMはドンツクドンツク、クラブ系。
    おしゃれなつくりで、まあこれもいいんじゃないの。
    プレミアだもの…、って思ったりする。

    オープンキッチンの前にバフェカウンター。

    baacdba2.jpeg野菜に気合が入っているように見受けられます。
    紅芯大根であったり、四角豆。
    「うりずん」ってよばれるひし形の、沖縄土着の豆なんですけど鞘ごと食べる、おくらの風味と韓国青唐辛子の食感と、アスパラガスの味がする不思議においしいこんなお豆を東京で、食べられるなんてちょっと幸せ。
    ドレッシングも、きゅうりやにんじん、かぼちゃのピュレをそのまま使った色とりどりを用意していて、かなり工夫をしているなぁ…、って。
    おなかいっぱい系バフェは、主役が肉や炭水化物。
    でも、乙女系のバフェは野菜と食後のデザートが主役じゃなくちゃいけない…、って言うことなんでしょう。
    わかりやすい。

    和食・洋食・中国料理と、いろんな料理をバランスよく品揃えいたしましょう…、というバリエーション豊かなバフェに、季節季節でいろんな専門料理が華を添えるという趣向のようで、今は、イタリア料理がその華部分。

    4e006064.jpegパルミジャーノのリゾットや、パスタにピッツァ。

    どれもほどよくしっかりとした味付けで、パスタもリゾットもちゃんとアルデンテに仕上がっていた。
    悪くはないです。
    味付けそのものに難癖つければ突っ込みどころは満載で、でも自分の好きなものを選んで食べられる。
    足りないものは別のとこから借りてきて、たとえばリゾット。
    上に鶏のガーリック風味のローストをソースと一緒にのっけてやると、どちらもおいしくたのしめる。
    薄味でインパクトにかける上海焼きそばに、麻婆豆腐をのっけて混ぜて食べたり、茶そばにサラダ野菜をのっけてそばサラダのようにしたりと自由自在。
    バフェカウンターが自分だけの最終調理のキッチンのように思えば、とってもたのしくなる。

    ところで今日の一番人気は、てんぷらでした。

    e0786baa.jpeg天ぷら、揚がりました…、って厨房の中から声がかかるとみんなが一斉に立ち上がり、天ぷらコーナーに向かってダッシュ。
    老いも若きも分け隔てなく…、って感じ。
    小さなボウルにご飯を入れて、醤油をたらして海苔、鰹節。
    そこに天ぷらをあしらって、天つゆかけて即席天丼にして食べる。
    急いで揚げたからでしょうか…、ちょっと揚がりがゆるくてポッテリとした衣が逆に丼仕立てにしてやるとご飯と絡んでおいしくなったりするステキ。

    それにしてもしばらくするとバフェの上の料理がちょっと寂しくなりはじめます。
    補充が上手くいかないってのじゃない。
    上に貼ったマグロの漬けやえびやアナゴの具材をなくした、ただの酢飯になりさがったちらし寿司。
    肉をなくした酢豚であったり、貝や海老だけどこかにいったシーフードと野菜のジェノベゼ仕立て。
    バフェにはバフェに向いた料理があるんだろうなぁ…、って思ったりした。
    むつかしい。

    食後の楽しみの主役はチョコレートファウンテン。

    a0093f8c.jpeg何しろ食事の途中から、バフェカウンターの周りに漂うチョコの香りに、ああ、早く料理を片付けてチョコ食べなくちゃ…、って思ってしまう。
    それほどカカオの香りは人の心の奥底にある、熱い何かをかきたてる。
    かつて王侯貴族がこれを媚薬に使っってのもわかる気がする。
    バナナにマシュマロ、プチケーキ。
    串にさしてチョコをタップリ、かけまわし、お皿においてパクッと食べる。
    お皿を汚すチョコ色のタレ。
    たのしい食事の証のような、おいしいタレにウットリとする。

    日曜の昼。
    ほどよく満席にはなっていた。
    4組ほどのウェイティングもあり、でもかつてバフェレストランができると必ず1時間待ちくらいの行列ができた時代から比べると、いささかさみしい。
    バフェというだけで、お客様が呼べた時代はもう終わり?
    次は何がくるのでしょうか。
    わからない。

    拍手[0回]

    PR
    前のページ HOME
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]