忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ロイヤルホストでひさしぶりの朝。

    bc0b26d6.jpgここのパンケーキを食べてみたくなったのです。
    かつてロイヤルホストは日本で一番おいしいパンケーキを作り続けるお店になろう…、と会社をあげてがんばっていた。
    おやつとしてのホットケーキしかなかった時代。
    食事の代わりになるパンケーキ。
    アメリカのコーヒーショップの朝の香りは落としたばかりのコーヒーと、焼いたばかりのパンケーキ。
    オレンジジュースの色が、甘い香りに花を添え、ウェイトレスの笑顔でキラキラ輝いていく。
    そんなステキな朝を日本で再現したいと。

    粉の選び方、生地の溶き方。
    休ませ方に焼き方までを、徹底的にこだわっていた。
    1980年代に日本でおいしいパンケーキを食べたければ、帝国ホテルのサイクルっていうコーヒーショップか、そうでなければロイヤルホスト。
    そんなふうにさえ言われたゴチソウ。

    今ではパンケーキ専門のお店がいろんなところに出来はした。
    彼等もパンケーキブームだからと、パンケーキの食べ放題なんかのキャンペーンをしたりしてはいるのだけれど「パンケーキ=ロイヤルホスト」のような認知はしてもらえない。
    なんて残念、勿体無い。

    7c671d39.jpgここのお店は外国人がよく泊まるホテルが近所に立地していて、そこからお客様がワザワザ食べにもくるっていう…、だからか一般的なロイヤルホストとメニューが若干違ってパンケーキメニューが目立つところに配置されてる。
    メニューを開いた瞬間にアメリカのコーヒーショップにやってきたような気持ちになるのがなんだかステキ。

    コンガリ焼けた色艶キレイなパンケーキ。
    ゴールデンブラウンと英語にすれば呼ばれるのでしょう。
    香りは甘く、しかもホイップバターがタップリ添えられそれをまずはポッテリ塗ります。
    二枚重ねをバラバラにしてその両方にバターを塗り込め、再び重ねてメープルシロップをトロンとかける。
    そして切ります…、一口分。
    若干手応えあるものの、サクッと切れて断面みれば細かな気泡が生地をフックラ、ふくらませているさま見てとれる。

    さて、いただきますとパクリと一口。
    程よい甘さとハッキリとした塩味が、お菓子ではなく食事に適した味わいつくる。
    口に広がる焼けた小麦の明るい香り。
    ドッシリとしたメープルシロップの風味とそこにバターの匂い。
    確かな歯ごたえ。
    なのにしばらくするとトロンとなめらかになり、あっさり口から消えていく。
    魔法のようなたのしい食感。
    やっぱり上等、ホットケーキじゃなくて見事なパンケーキ…、朝の頭をスッキリめざます甘いゴチソウ、頭の栄養、堪能す。

    5a2d8ae2.jpgサイドにベーコン、ソーセージ。
    パンケーキという料理の分類。
    日本的には小麦粉料理、あるいはお菓子になるんでしょう。
    けれどアメリカ的には玉子の料理。
    たしかに「粉をタップリくわえて焼いたオムレツ」とそう考えれば、これは立派な玉子の料理で、だからサイドにベーコンやハムがついて当然。
    甘いパンケーキを食べながら、合間にベーコンの塩味、あるいは脂の風味を口にいれるとそのおいしさが際立つステキ。
    しかもパンケーキにタップリかけたシロップが、タランとお皿に流れだしサイドのベーコンやソーセージにトロンとくっつく。
    それがこれまたおいしいく感じる。
    脂の香りが濃厚になり、塩の風味がうま味に変わる。
    なんてたのしいオゴチソウ。

    コーヒー飲もうかと迷ったけれど、やっぱりロイヤルホストにきたら、トロピカルアイスティーを飲まなくっちゃネ…、と。
    とても小さなオレンジスライスが体をキュンと縮こめ浮かぶ、風味さわやかな喉のゴチソウ。
    ゴクリと飲んで、甘みをサラッとリセットさせる。
    次のひとくち、おいしくさせた。
    それにしても昔、ココでパンケーキをたのむとガラスのジャグにタップリ入ってやってきていた。
    しかもコッテリとろみのついた濃厚メープルシロップがタップリ、ドッシリ。
    ところが今では小さな陶器のピッチャーに、サラッと力のないシロップがやってくるのがなんだか切ない。
    昔をよそおいながらも変わってしまったところがあまり大きく、それでもまだまだましなほうかと我慢をします…、さて仕事。



    関連ランキング:無国籍料理 | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    私の中で
    パンケーキといえば
    ロイヤルホストで食べるものと決まっています。

    大好きなんです、今でも。
    でも最近はカロリーが気になってしまって遠ざかっています(^_^;)

    たまにならだいじょうぶかなぁ~
    toncyanさん / 2011/12/12(Mon) /
    最近はやりのと比べると
    > toncyanさん
    舶来系のパンケーキ屋さん。
    まるでバターとホイップクリームを味わうようなあの凶悪と比べると、ずっとおだやか。
    このくらいのカロリーだったら許してね…、って自分に言い聞かせながら食べることができました(笑)。
    冬のゴホウビ。
    そう思って、食べましょう!
    サカキシンイチロウさん / 2011/12/12(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    冬の昼 HOME 師走の日曜、夜のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]