忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして渋谷のポールバセット。
    4df7d41e.jpeg副都心線ができてしまってちょっとさみしくなりはじめている渋谷にあって、唯一にぎやかな話題に満ちたヒカリエの中。
    …、なんだけど、地下のフロアにあるこのお店。
    副都心線からの入館動線にあるフロアではあるんだけれど、いかんせん、表からの視認性が低くてまだまだ認知されるにいたっていない…、ように感じる。
    今日も静かでございます。

    a231af4e.jpegセルフサービスのコーヒーショップ然とした新宿の店のと違ってここはテーブルサービスのカフェ仕様。
    にもかかわらずオープンキッチン。
    キッチンと客席の間を大きなカウンターで仕切ってて、そのカウンターの一番端にレジがある。
    最初、ココにやってきたとき。
    新宿と同じくセルフサービスかって思ってボンヤリ、カウンターの前で立って待っちゃった。
    今でもそういうお客様が結構いるようで、今日も一組。
    ずっとカウンターの前で立って注文されるのを待っていた。
    モッタイナイなぁ…。
    お店がお客様をミスリードするようにできているって不幸だなぁ…、ってしんみり思う。

    アイスルンゴを選んでたのむ。
    エスプレッソを氷の入ったグラスに注ぎ、水でうすめて作る飲み物。
    コーヒーの粉がグラスの中を舞い濁らせる、それをゴクリと飲むとスクっとエスプレッソの風味が舌に立ち上がる。
    薄められてるはずなのに、むしろ口の中に広がるうま味や苦味、酸味をエスプレッソそのものよりもクッキリ舌に感じるところがオモシロイ。
    それにしてもこのグラス。
    なんでココまで背の高いグラスをワザワザ選ばなくちゃいけないんだろう。
    オシャレな店で背筋を伸ばすお客様の、背筋の高さに負けぬようグラスもシャキッと背筋のばしているのかなぁ…、って思ったりした、オモシロイ。



    関連ランキング:コーヒー専門店 | 渋谷駅神泉駅



    今日はちょっと野菜が足りない…、そんな気がしてサブウェイにくる。
    ツナサンドイッチのパン抜きをたのんでエビをトッピングする…、野菜は全種類を入れてもらってドレッシングはバジルソースにしてくださいねって言って作ってもらったら。
    07dd642f.jpegありゃりゃ、ドレッシングまみれでござんす。
    野菜にトッピングをほどこした段階で「これでいいですか?」って見せてくれたのはいいのだけれど、ドレッシングをかけるところまでは注意してなかった。
    何がはいっているんだか、何がなんだかわからぬ状態にげんなりしながら、まずはソースを半分どかして、残りは野菜と入念に混ぜ食べたのだけど、それでもソースの味ばっか。
    スゴく残念…、野菜はシャキシャキ状態よくておいしいのにね、次からココではソース3分の1でお願いしなくちゃって、食べてるうちにレタスがコールスローみたいになった。

    f31aad3c.jpeg塩がレタスの細胞壊して浸透圧で水気を搾って吐き出させたんでしょう。
    恐るべきかな塩効果。
    野菜には野菜の味がある。
    それをずっと食べ続けていると、舌が敏感になってくるのもあるのでしょう。
    最近、いろんなモノが塩辛いと感じるようになってきた。

    そして夜。
    閉店間際の近所の小法師…、喜多方ラーメンの専門店でそこが冷たいワンタン麺をやっている。
    お店の前にバナーがでてて、野菜タップリの麺のように思えてずっと気になっていた。
    もともとココの冷たいラーメン。
    冷やし中華じゃなくて、酸っぱくはない醤油スープを氷で冷やして麺を泳がす。
    コシの強い縮れ麺のチュルチュル感に歯ごたえがとても鮮やか…、好きだった。
    それでこれ。
    たのんでみたら、浅めの鉢に氷に麺にワンタン、叉焼、醤油のスープ。
    レタスにキャベツ、刻んだインゲン、ネギにトマトと想像以上に野菜がタップリ。
    それらの野菜には柑橘系のドレッシングがほどこされていて、それだけ食べるとスキッと酸っぱい…、スープはうま味がドッシリとした醤油スープで、それぞれおいしく、混じりあうとなおおいしいのがオモシロイ。
    冷めてもおいしいように脂が極力混じらぬようにスッキリきれいにできたスープがおいしくて、こりゃ、悪くないって思って食べる、オキニイリ。

    ところで今日、7月4日はアメリカの独立記念日であると同時に、「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権の開催日」でもある。
    ネイサンズって言う全米1のホットドッグチェーンの主催にて、何年前かまであの「フードファイター・ミスター・小林」が連続タイトルを持っていたので日本のニュースでも報道されていたりした。



    動画をみると、どうもアメリカ人の中にはいまだに「大喰い=大きな体」という感覚があるようで、しかもみんな食べ方汚い!…、ホットドッグさんごめんなさいって感じの絵。
    テレ東の大食い選手権っていかに洗練されてうつくしき大喰いなのかというコトがわかったりする…、オモシロイ。
    それにしてもネイサンズ。
    数年前まで日本にあった…、普通においしいアメリカのホットドッグが気軽にたのしめて重宝してたのに、スッカリ撤退、なんだかスゴくモッタイナイ。
    そういえば、ホットドッグを長らく食べてございませんぞ…、どうしよう。
     

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ドトール系 HOME チキンオーバーライス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]