忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    岐阜でたのしく勉強会…、合間に昼食を「かにの華」という和食店にて。



    元は別の屋号のお店。大きなチェーンの中の一店という立場にあって、一生懸命やりはしたけどなかなか成果が出なかった。
    思い切って、自分たちで一から仕組みを作りなおして店名新たにはじめてやっとブランドイメージが定着してきた。
    「決まったことをやる」のが上手な人もいるけど、「自分で決めてやる」方が気持ちがのって成果を上げる人もいる。創意工夫とリスクを恐れぬ勇気があれば、オンリーワンのブランドとして生まれ変わることもできるんだという、いい事例。



    ここのランチの主力商品が「花かご膳」という料理。大きな花かごにあれやこれやと料理を並べて、いろんなものをちょっとずつたのしむコトができる提案。
    カニの料理が得意ということもあってカニの天ぷらに、タラバの酢の物。刺身や和物、洋風のマリネなんかもそろってたのしい。
    中でも地域柄でしょう。
    かなりの存在感で異彩を放っているのが田楽。中までシットリ、ホカホカしている豆腐の上にポッテリとした田楽みそ。味噌がおいしくご飯をねだる。



    これにカニのほぐし身をいれたあんをトロリとかけたプルプル茶碗蒸し。
    小さな羽釜で炊き上げる季節のご飯は、うれしいコトにカニと松茸がタップリ入った炊き込みご飯で、中にコロンと銀杏が入っているのも秋風情。
    蒸らしを自分で調節しつつ、ちょっと固めのスベスベご飯の状態にして、ハフハフ食べると、鼻から抜ける秋の香りにウットリします。
    サクッと揚がった天ぷらも、エビだけじゃなくカニが入ると気持ちがあがる。プリッと弾けるエビとは違ったフックラとしたカニの肉。お腹もたのしく満たさせる。



    それにしてもかに料理店の太巻きって、なんでこんなにおいしげなのか。
    おいしそうなだけじゃなく、シットリとしたカニ肉にポッテリまじるマヨネーズ。シャキッと三つ葉が食感そえて、海苔の香りとご飯の味わい、そして食感。
    この太巻きの専門店が、もしあったなら、重宝するかもしれないなぁ…、って思ったりした。
    そして仕事に戻ります。


    関連ランキング:かに | 柳津駅西笠松駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    夢をみましょう、木曜日 HOME 利久的朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]